So-net無料ブログ作成

常山紹介 1

「角川日本地名大辞典33岡山県」(1989年発行)から、常山についての記述を引用します。

つねやま 常山<玉野市・灘崎町>
角山(つのやま)・恒山(つねやま)とも称した。玉野市と児島郡灘崎町にまたがる山。標高307.3m。はげ山で知られた花崗岩地形の玉野市には珍しく,古生層の地形であるために浸食されにくく円錐形の美しい景観を呈してい古生層地質であることも一因となって樹木が繁茂して, 児島富士の名で親しまれてきた。江戸期岡山藩主左少将池田継政の歌「タされば汐風までもさえさえて先常山に降るる白雪」も残されている。頂上には常山城跡があり, 天正3年の常山合戦の折, わずか4日で落城した。頂上の本丸跡に城主の腹切岩,二の丸跡に城主の妻鶴姫を記念した女軍の墓が苔むした石垣とともに往時の古戦場をしのばせている。また,江戸期には,池国家の藩有林となり, 山番が用吉に置かれ, 山頂部に矢竹 (箆竹) が群生し郡奉行の支配を受けている。

藩有林として保護された松の大樹林は, 明治末期に伐採されたが,ふもとの家に残る餅搗臼に当時をしのぶことができる。
大正10年旧荘内村宇藤木の有力者大野幸太郎氏が中心となり,常山城跡保勝会がつくられ, 岡山工兵第17大隊の協力により登山道(らせん道)が完成し,迫川駅から山頂まで自動車で登れるようになった。 城跡に百畳敷の大広間と茶室のある常山閣, 城主の一族と34人の女軍の墓がつくられ, すべり台などの遊具も設置された。 その後桜も植えられ, 常山合戦の古戦場としての千人岩,飲料水の底なし井戸, 山麓にある戸川秀安 (幽林) の墓などが大々的に顕彰された。

明治43年の国鉄宇野線の開通後常山を史跡公園として, 瀬戸内海や岡山方面が展望できる観光地とする試みであった。土地所有の面で藩有林の名残か, 大部分が市有・町有林となっており, 入会林として地元民が下草刈りを行つていたが, 近年その慣行もみられなくなり,山はしだいに荒れてきている。昭和18年頂上に無線の中継所が置かれ, マスコミの一翼をになっているが, 花見シーズン以外には訪れる人も少なくなっている。 近年二の丸跡の女軍の墓の前で地元婦人会の有志が,お盆には「かっからか一」の地踊りを奉納し,
古戦場常山を見直す動きがでている。

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!


岡山市北区に位置する岡山商科大学は、社会に有為な人材の育成 及び 輩出に努めた結果、地元への就職や大学院進学に強い のが大きな特徴です。 大学選びは あなたの人生 を大きく左右します。 産学官連携活動を通して 地域の活性化 に貢献しております。 学部・学科毎に 専門性の高いコース制度 があるので、将来やりたい事 が見つかります。 就職活動の際には 面倒見が良くて親切 なので、入って良かったと言えます!

by 岡山商科大学はあなたの夢を叶えます! (2019-03-25 15:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます